「けいほううぇぶ」は中津川市[中津川市・福岡町・付知町・加子母・蛭川]・恵那市[恵那市・岩村町・明智町]を中心とした、地域密着情報サイトです。

中津川市・恵那市のピックアップ記事

木村邸で「歌江茶会」 SDGsな岩村の茶道文化を復活! フランス人職人手作りの和菓子でもてなし【恵那市岩村町本町】

投稿日:2024年5月3日 更新日:

恵那市岩村町本町の木村邸で4月7日「歌江茶会」が開かれ、町民や外国人らが、フランス人職人手作りの和菓子で侘茶を堪能しました=写真。

木村邸近くで「お宿 ぬのめ屋」を営む布目裕貴さん(37)が、木村邸の茶室に老若男女が集って茶会をする文化を復活させたいと企画。「歌江」は、木村邸最後の主・木村けいさんの愛称、茶名。岩村に住む60代―80代の人々は、けいさんに招かれ、お茶の楽しみ方を学んだと言われています。

席主を務めたのは、岩村の町問屋・木屋中根家の後裔で、毎年、フランスで茶道を紹介している石州流大口派師範の中根宗健(健次)さん=大阪市。昨年のラグビーワールドカップの際にもニース市の依頼で、要人にお点前を披露した

茶席に欠かせない主菓子は、京都で専門学校の教職員として和菓子作りも教えているフランス出身のモレル・ドリアンさん(26)が製造。布目さんの妻でスイス出身のアンさん(31)と日本語学校の同期生だった縁で、前日から岩村に滞在して1つひとつ丹念に仕上げました。

茶会にはかつて木村邸でお茶を楽しんだ町民や、ワンピースに羽織姿のフランス人ら20人が参加し、「花の色」と命名された季節感あふれる和菓子と薄茶のもてなしに大満足。布目さんは「皆さんに大変喜んでいただきうれしい。今後も定期的に開催できれば」と話していました。

-中津川市・恵那市のピックアップ記事
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

《夢!今年にかける?》 牛を描いて半世紀の大山さん、丑年の今年集大成の個展開催【中津川市蛭川】

牛をモチーフに描き続けて半世紀。「牛と人のかかわり」を風俗史として表現する画家と …

ケイナンクリーンが医療機器の販売開始 新型コロナウイルスの抗体検査キットで注目【恵那市岩村町】

環境整備事業会社「ケイナンクリーン」(近江則明社長、本社・恵那市岩村町)が医療機 …

坂下の出雲福徳神社「招福箱」1万個記念 来年1月5日の初えびす大祭で開運招福たて進呈【中津川市坂下】

「宝くじが当たる」ご利益で知られる出雲福徳神社(中津川市坂下)社務所で頒布してい …

吉田小旧校舎跡跡地が「いきいき邑」に!7月1日障害者福祉事業所「楽舎」がオープン 誰でも、生涯、いきいきと暮らせるニューコミュニティ目指し 今秋デイサービスセンターとナーシングホーム【恵那市明智町】

7年前閉校した恵那市明智町吉良見の旧吉田小学校跡地が、障害者福祉事業所と老人ホー …

協和ダンボール 業界初!“グリーン段ボール”でCO2削減「地球環境守る投資」と価格は据え置き【恵那市長島町】

段ボールシート・ケースを製造販売する「協和ダンボール」(髙木良直社長、本社・恵那 …

中日岐阜サービスセンター